肩こりのツボ

肩こりに良いとされる、「ツボ」は多くありますが、その中でも、大変有名な「ツボ」は、「ケンセイ」などと呼ばれるツボになるそうです。軽く刺激を与えるだけでも、十分にその効果を発揮するとのことなのですが、どうしても肩こりがひどくなると、強く押してみたくなったりマッサージ機などのボタンを強めにしてしまうことありますよね。筋肉や筋を強く揉むことで、不要なストレスやダメージを与えてしまう可能性もありますので、筋肉や筋に強い刺激を与えることは、あまりお勧めはできません。ご自身が、気持ちが良いというような程度のマッサージや、刺激を行いながら、血流をよくする動きなどを取り入れて、コリやハリを改善できるのが良いのではないでしょうか。ベッドなどに寝転んで。ストレッチなどをするだけでも背中のコリやハリがほぐれることで、肩などへのリラックスにも繋がります。朝起きた時、夜寝る前などに、このような簡単なストレッチを、取り入れるだけでも、肩こりなどの症状に効果的であるなどと言われています。

 

 

肩こりや、腰痛による不眠などはつらいですよね。眠りたいのに、眠れない。そんな日々が。続いてしまいますと。余計に肩こりや腰痛も悪化してくる、そんな、負のスパイラルが続く日々に、どんな改善法があるでしょうか。不眠のツボは、「キュウビ」と言われ、イライラを解消するような時にも、一般的に紹介されるようなツボになるそうです。東洋医学の考えで、肝臓に血がきちんと血流が送られていると、人々は穏やかに過ごせる。というような考えがあるようです。人々が、穏やかにいられるということは、イライラや不安を取り除き、快眠をもたらすことにつながるという考えから、この「キュウビ」のツボが、不眠に対して良い影響があるなどと考えられているようです。「キュウビ」は、ちょうど皆さんのみぞおち辺りの部分になるそうなのですが、こちらをご自身の手で軽く押す形で、ほぐしていくと良いそうです。もちろん呼吸も一緒に整えながら行うと、良いのではないでしょうか。不眠とともに、解消したいのは、肩こりや腰痛、頭痛など、多くの身体の悩みは尽きませんよね。同じように、まずは肩や腰など、全身の血流を良くすることが何よりも大切であると考えられます。全身に滞っている血流をきちんと、肝臓に送り込むといったような考えのもとに、まずは日常生活のリズムを整えてみてはいかがでしょうか。