メニューのマンネリ化に注意

 

飲食店というのはお客様と馴れ合いにならないようにしないといけないそうです。

常連客ができるのはとても良いことのような気がしますが、常連客はやがて友だちのようなものになって、その親密さから店に来るようになるそうです。とはいえ、そこはお金を払うわけですから、友だち関係とも言えないということになるそうです。

 

お金を払っている以上、お客様扱いされにくるわけですから、店の方が馴れ合ってはいけないそうです。いつもと同じように接客していても、お客様のほうで馴れ馴れしいと思ったりするそうです。

そこには飽きるということがあるそうです。

同じ接客がずっと続くと飽きるということもありますし、お金を払った割に新しい体験ができないというのは苦痛に感じたりするそうです。

そうなるとお客様の足は遠のいてしまうそうです。

 

メニューもまた同じようにマンネリ現象が発生するそうです。これは常連客がなかなかメニューを決められないようなときにわかるそうです。

「いつもの」というふうに料理を注文しているときは、マンネリではないそうです。それはまだ食べたいものがあるということだからそうです。

けれどその食べたいものがないというのは、お客様はお店に来る必要もなくなるわけです。

 

常連客がオーダーに迷ったら注意しなければならないそうです。

常連客が「今日はおいしいものある?」とか「今日のお勧めは?」と聞いてきたら要注意だそうです。

 

お店の料理に飽きているというのは、とても困ったことだと思います。
いつもの味というので常連客を大事にしていたつもりが、その常連客を失うことになってしまうようです。

定番はあってもいいとしても常に新しい料理の開発をしていかなければならないようです。