メニューは原価を考える

 

メニューにかかるコストというのは、仕入れ原価だけではないそうです。
それを作る手間という人件費も入れなければならないですし、その他諸々の経費も削減することが必要だといいます。

料理を作るのがとても難しいとなると、それを作る人に高いお金を払う必要が出てくると思います。

 

マニュアルを見たら誰でも作れるということになると、パートやアルバイトでも作れるようになり人件費を削ることができると思います。
また片付けに関しても同じで、ボールをたくさん使うとなると洗う手間も必要になってくるかと思います。それだけ水や洗剤、人の手が必要となってくると思います。
時間がかかるという点も改善できたら経費の節約になるかと思います。

手間をかけないということも原価率を抑える大切だということだそうです。
メニュー開発で、原価率を削減できたら、その分、利益があがることになると思います。
また店主のこだわりということで、原材料費に糸目をつけないという場合もあるかと思います。

 

こだわりを持つことは良いことですが、お店が潰れては元も子もなくなると思います。
飲食店にとって原材料費は経費の中でも一番使うところかと思います。ここをなんとか低く抑えることがお店の経営のためになると思います。

 

原材料費、人件費、諸経費というものを変動費というそうです。
売上に対する変動費率の合計を経営体質と呼ぶそうです。

飲食店は、この経営体質をなんとか低く抑えようと、さまざまな努力をしているそうです。
飲食店が儲けを多く得るために、経営体質を低く押さなければいけないそうです。
原材料費と人件費の合計で60%にもなるため、この経費管理を厳しくすることが経営のためになるそうです。