価格設定の限界

 

値段というのは安ければ安いほどいいというわけではないそうです。
確かにラーメン1杯100円と聞くと、ちっちゃいお椀に出てくるのかと感じますし、コーヒー1杯10円というとボランティアかなと思ったりします。
お客様というのはラーメンなら600円ぐらいかな、喫茶店のコーヒーなら500円ぐらいかなと考えながらお店選びをするものだといいます。

そのため、安すぎる価格設定のお店を選ぶということはあまりないそうで、安売りしたから売上が伸びるということはないそうです。

 

またコーヒー100円というのをウリにしていますと、コンビニのように戦略を立てていくことも必要で、闇雲に安ければお客様が来るだろうと思っていても駄目だそうです。
値段を高くつけると言うのも同じだそうです。

ラーメン2000円というと高級食材が上に乗っているような気がします。そのため、普通のラーメンを食べたいと考えているお客様は選びづらい気がします。

コーヒー1000円というと、高級ホテルのラウンジでいただくような雰囲気が高級そうな気がしてコーヒーを飲みたいというより雰囲気を楽しみたいというお客様などが選びそうです。

 

カフェでも高い値段をつけるならば、雰囲気もサービスもそれ相応なものを作っていくという「コンセプト」があれば、お客様も選んで来てくれるということになると思います。

安いなら安いなりの雰囲気作りも必要かもしれませんし、高級で売っていくということを決めて値段設定をするということを考えなければならないそうです。

儲けというものが価格というものにとても大きく関わっていると考えると、適正価格をつけるということがとても重要だといえると思います。

 

値段には上も下も限界があるということを知っておくことも大切だそうです。