新商品のテストはランチで

 

新メニューの改善をするには、ランチでお客様に提供するのがいいそうです。

特別価格で二週間ほど特別サービスランチと銘打って提供してみると、いろいろと見えてくるそうです。

 

まず「特別」サービスランチとすると、常連さんに気がついてもらえるということです。

常連さんの反応を見ることができるのはとても大切なことだそうです。
そして2週間が過ぎて売上が伸びていなければ、そのメニューの将来性は低いといえるそうです。

 

将来性の低い商品の改善をしてみるか、それとも廃止にしてみるかを考えたらよいそうです。

ランチタイムというのはお客様も多く、反応とデータが多く取れると思います。

 

メニューの開発は新商品の検討会をして試食会で従業員やモニターや一般のお客様に食べてもらうということで終わらないようにして欲しいそうです。

検討会でいろんな評価をして再検討をしたら、今度は特別ランチメニューとしてお客様に食べていただく。
手直ししたりしても売上が上がらなければ、メニューへの導入を諦めるべきということだそうです。

 

特別なサービスランチということをメニューブックにかいたり、黒板メニューなどで、お客様の目に触れるようにしなければならないと思います。
グランドメニューに入れられるようになるまで改善を繰り返すというのもあるかと思いますが、お客様に受け入れられる時間を考えて提供を続けるのもいいかと思います。

お客様の反応を見るということはとても大切なことだそうです。
完全な販売体制に入るのは、お客様の支持を得てからでも充分だと思います。
店のコンセプトを盛り込んだ素晴らしい料理を開発することが大切ですが、その商品によって経営が大きく左右されるということを肝に銘じることも大切だと思います。