メニューのレシピの重要性

 

飲食店の経営はいろいろな状況が発生するそうです。
初期投資による固定費の高騰、借入金の返済もありますし、納税もあります。流動負債も出てくるかと思います。

これらのことを考えていけば、利益を出すことが出来る、売れる、儲かるメニューの開発が必要だということが判ると思います。

売上だけを見てしまうとわからないこともたくさん出てくると思います。

 

利益を出すということにこだわるとメニューの開発も変わってくるかと思います。
経営の安心・安全とは確実な利益を得られるということだそうです。

その設計図がメニューのレシピとなるそうです。
店の事情によって原価率をどうするかを考えるべきだそうです。

立地が良くて回転率も良ければ、薄利多売でも充分利益が出るということもあるそうです。
固定費が多くかかるお店や借入金返済が多いとなると、荒利益を多く求めないといけないということになるそうです。

 

レシピというのは原材料の中でも主になる材料とそれを活かすための副材料、調味料の量を考えていくものだそうです。

もっとも美味しいというところまで持っていくわけですが、お客様が満足する盛り付けやボリュームを考えなければならないそうです。
お店には異なるそれぞれの理由があるわけですから、それぞれに利益が出るように考え抜かなければならないということです。

 

利益が出ない最大の原因は経費の使いすぎや放漫経営ということも考えられますが、やはり料理のレシピが考え抜かれていないということがあるそうです。
確実な利益を得るためには、それ相応の計算が必要となるかと思います。
それを無視して美味しいものを出せばお客様がたくさんきて経営も潤うというと考えてはいけないそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です