女性客に人気の店は繁盛する

女性客が多いところは繁盛しているように見えます。

反対に客層が狭いお店は繁盛というカテゴリーからはみ出てしまうと考えていいそうです。
女性はお店がそれなりに整っていなければ来ないそうです。
その整っているというのは、値段と料理のバランスの良さ、お店の雰囲気、接客態度というものだそうです。

 

また、SNSの発達も手伝って、お店の外観や雰囲気にとても敏感になっているそうです。
可愛いお店や渋いお店といろいろなコンセプトが分かりやすい方が人気店になるそうです。インスタ映えというものに気を配ることがお客様を取り込む要因になっているそうですが、一過性の流行りにしないためにも努力が必要なようです。
買い物上手な女性は、美味しくて、値段も手頃で、オリジナルというものを好むと言って良いようです。
SNSでの口コミも広げてくれますし、反対にシビアな目で見ていると言っていいかと思います。

 

売れないお店というのは、女性客を呼び込めていないと言ってもいいそうです。
また、流行や時代に合わせているというのも女性に好まれるところで、トレンドをまったく無視していては流行店にはならないそうです。
また価格もシビアに考えるところがあるかと思います。
飲食店を利用する世代を考えて、そのゾーンに合う価格帯の商品を開発するべきだそうです。
女性はその商品の価格が中心ゾーンというものがはっきりしていれば、価格が高くても買ってくれるそうです。

例えば、パンケーキ2000円であっても、それがそのお店の名物で相場であれば購入してくれるということのようです。
女性をターゲットしたお店は盛り付けの華やかさや雰囲気などに気を配っていると思います。
そういったお店を参考にしてみるのも良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です