印象に残る料理

お客様が安心して食べられるものは、安心感とともに喜びを持って受け入れてもらえると思います。
美味しそう、値段がやすそう、店の雰囲気が楽しそう、気分が良くなる、入りやすいお店、従業員が親切というのも喜びの一つとして考えられると思います。
お客様の怒りを買っても印象に残る一品になってしまう場合もあると思います。
従業員の態度がまずい、料理がまずい、雰囲気が悪い、値段が高い、料理が遅いというのも悪い印象で残ってしまいます。異物混入などは特別に悪い印象として残ってしまうと思います。
また意外なことに健康に悪そうなものもお客様の足が遠のいてしまったりするそうです。

ラーメンなども評判を取れば行列の店として有名になるものの、高血圧を誘発しそうと思われてしまうとブームも続かなくなってしまいそうです。
他のお客様が気になるような客席の配置や店の雰囲気が落ち着かないというのもお客様の足が遠のく原因となるそうです。
支払いが気になるのも困ると思います。時価ばかりだと食べた気がしなかったりします。
初来店に戸惑うというのも困ると思います。常連客ばかりがいると、初めてのお客様は二度と行きたくないと考えてしまうと思います。
お店に行って楽しかったとか、店の雰囲気が高揚感を誘うものだとか、料理が来るまでワクワクするとかいうものだと、お客様に楽しいという印象が残せると思います。
また、料理に熱狂的なファンが付いている場合もあると思います。
量が多いデカ盛りとか、強烈に辛いとか、イベント的な楽しさがあるのもお客様が楽しめるかと思います。
そして同伴者との楽しいひとときを提供できるとお客様の印象はとても良いモノになると思います。
お店のコンセプトを踏まえて、工夫が必要のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です