行楽シーズンのお弁当は定番のハムとソーセージ

秋の行楽シーズン、皆さん、お弁当作ってますか?ハムサンドに、おにぎりに、ポテトフライ、鶏のからあげなどは、ピクニックに行くお弁当の王道中の王道ですね。我が家も、息子たちを連れて最寄の人気スポットに出掛けてきました。お弁当作りに悩むのは、時間を居ても食べやすく、美味しい事なのですが、お弁当に定番中の手番、「ハム」と「ソーセージ」は古来の人々が作った、保存食で、その製造過程において、お肉の水分を予め抜きとってしまう事で保存性が高まるっているのだそうです。お弁当箱の中で、水分が出ないので、本当に助かるアイテムですよね。我が家では、ハムサンドを星形や、動物の形に型抜きしたりして、楽しみながらお弁当作りをしています。ハムときゅうりニンジンなどのちょっと苦手なお野菜をサンドウィッチに挟んでも、子どもたちはハムにごまかされて食べてしまうので、野菜嫌いのやんちゃ坊主たちを騙すアイテムとして本当に助かっています。また、ベーコンは、調理しなくてはならないけれど、ハムはそのままお弁当に使えるお手軽感がたまりません。今年の行楽シーズンは、ハムサンドウィッチにソーセージで定番のカニさんと、タコさんに、シャケおにぎりをつくってみました。最近お気に入りのからあげ専門店で、ポテトフライとからあげをTAKLEOUTして、ちょこっと手抜きさせて頂きましたが、天気も快晴で、爽快なひと時を過ごさせて頂きました。皆さんは、どんあ定番メニューをお弁当に利用されていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です