感謝と緩和ケア

寝たきりになってしまった高齢者などが、簡単な運動やストレッチを行うことさえも、難しくなってしまった場合、膝の痛みや、肘の痛み、肩こりなどの患部を、優しく撫でてあげるだけでも、痛みが緩和するなどと言われています。その時に、大切なのは、きちんと目を見て言葉などで「大丈夫」などといった、安心を与えることが大切であるようです。昨今の高齢者社会の中で、寝たきりになってしまうご家族や、パートナーの介護は、皆さんもご経験ある方も多いのではないかと思われるのですが、寝たきりになってしまったご家族やパートナーの姿を見るのも辛いという方も、実際たくさんいらっしゃるようです。ですが、そんな中でもやはりお互いに、「ありがとう」言ったような感謝のお言葉を掛け合うことが、お互いのパートナーシップを築いていく上で大切であるようです 。痛みの緩和ケアは、お互いの感謝の気持ちや、言葉に支えられていくもののようです。皆さんも、「ありがとう」の一言に、気持ちを込めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です