春菊はサラダ

肩こりなどの改善に、春菊が注目されています。春菊には、抗酸化作用のあるベータカロチンビタミンA、ビタミン C、 ビタミン E などが豊富で、老化の防止や、生活習慣病の予防などにも役立つそうです。カルシウムや鉄なども豊富で、何よりも食物繊維がたっぷり含まれています。最近の若い方々の中で、春菊が苦手というような人も多いかもしれませんが、その独特の香りは、アルファピネンやベンズアルデヒドなどの香りの成分が豊富に含まれているからだそうです。大人になるとあの香りが、たまらなく食欲を刺激し、すき焼きが止まらなくなってしまうんですよね。春菊は、茹でたり火を通すことで、調理する食材というイメージがありますが、実は茹でるとビタミン C の約8割ほどが損なわれてしまうようで、ビタミン C を摂りたいという方には、サラダなどで召し上がる方が、良いかもしれません。春菊と言うと、どうしてもお鍋のイメージが強いですが、サラダなどでも召し上がって頂けるようですので、是非とも冬から春にかけての旬の美味しい春菊を召し上がってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です