ハムの文化とは

戦後、ウサギの肉でできたハムといった、粗悪なものが出回ったこともありましたが、数十年経過した頃から、豚肉のハムが家庭の食卓にのぼるようになりました。以後はハムのメーカーが次々と誕生して、粗悪なハムを流通させてしまう会社も現れ始めました。典型的な粗悪品は、製造方法や食品添加物のチェックが疎かな物であり、消費者の安全、健康を脅かすようになったのです。その結果、JAS規格に則ったハムしか流通が認められなくなり、日本の食文化は多彩になりました。ハムが一般的になってからも、日本人の欲求は絶えることなく続いており、今では世界各地のハムを食べようとする人もいます。海外旅行で出会ったハムの味が忘れられなかったり、インターネット上の情報を参考にして、手に入れようとしたりするのです。こうした消費者の行動を敏感に察知したメーカーの中には、より多彩なハム文化を根付かせようとする会社もあります。

海外の美味しいハムを食したいという欲求が起こる一方、日本国内で独自のハム文化を築き上げたメーカーもありました。いえ、厳密には、消費者も含めて発案者でありました。例えば、母親がたこさんウインナーを弁当に入れたり、プレスハムを「ハムカツ」として売り出したり、アメリカンドッグとしてソーセージを消費したりしたのです。もちろん魚肉ソーセージも海外では見られない食文化ですし、ナポリタンの定番食材としてウインナーが使われるのは、イタリアでは見られない文化です。今後も新しいハム文化が創出される可能性があります。

 

 

印象に残る料理

お客様が安心して食べられるものは、安心感とともに喜びを持って受け入れてもらえると思います。
美味しそう、値段がやすそう、店の雰囲気が楽しそう、気分が良くなる、入りやすいお店、従業員が親切というのも喜びの一つとして考えられると思います。
お客様の怒りを買っても印象に残る一品になってしまう場合もあると思います。
従業員の態度がまずい、料理がまずい、雰囲気が悪い、値段が高い、料理が遅いというのも悪い印象で残ってしまいます。異物混入などは特別に悪い印象として残ってしまうと思います。
また意外なことに健康に悪そうなものもお客様の足が遠のいてしまったりするそうです。

ラーメンなども評判を取れば行列の店として有名になるものの、高血圧を誘発しそうと思われてしまうとブームも続かなくなってしまいそうです。
他のお客様が気になるような客席の配置や店の雰囲気が落ち着かないというのもお客様の足が遠のく原因となるそうです。
支払いが気になるのも困ると思います。時価ばかりだと食べた気がしなかったりします。
初来店に戸惑うというのも困ると思います。常連客ばかりがいると、初めてのお客様は二度と行きたくないと考えてしまうと思います。
お店に行って楽しかったとか、店の雰囲気が高揚感を誘うものだとか、料理が来るまでワクワクするとかいうものだと、お客様に楽しいという印象が残せると思います。
また、料理に熱狂的なファンが付いている場合もあると思います。
量が多いデカ盛りとか、強烈に辛いとか、イベント的な楽しさがあるのもお客様が楽しめるかと思います。
そして同伴者との楽しいひとときを提供できるとお客様の印象はとても良いモノになると思います。
お店のコンセプトを踏まえて、工夫が必要のようです。

売上と儲けは違う

お肉を切って提供するということであれば、人件費は一人で済むというように考えれば人件費が節約できると考えてもいいそうです。
メニューが爆発的に売れたからと言って利益が上がるわけではないそうです。
売上が高くても飲食店は潰れてしまうこともあるそうです。

儲けと売上のどちらを優先したら良いかと考えた時、誰もが儲けと考えるかと思います。
景気の冷え込みで売上が上がればいいということも言ってられないようです。
とはいえ儲けのことばかり考えていると、商品そのものの質が低下したり、接客する従業員の質の低下もしてしまうこともあるそうです。
そうなると売上は下がってしまい、儲けどころではないそうです。

開発されたメニューが大ヒットすればどんどん売れて、薄利多売でもいいかもしれませんが、現実問題、大ヒットを生んでも長い時間キープするというのは難しいそうです。
また、今のように競合店が多い世の中では、大ヒットメニューの開発も至難の業といってもいいようです。

 

一品あたりのコストを考えてみると、ステーキをカットして提供するという料理だと人件費は一人分といってもいいかもしれませんが、餃子のように手間がかかる料理となると人件費は数人分となって利益は低くなってしまうようです。
三千円分売り上げても、粗利益率はステーキの方が高くなったりするようです。
このように人件費のことまで考えて儲けを出せるメニューを開発していくということが大切だそうです。

メニューを開発して最終段階として、儲けの計画は、売上が上がりやすく、儲けも確実に取れるような値段を付けていかなければならないそうです。
売上と利益のバランスを考えて値段をつけることは、お客様の期待を満足させることでもあるかと思います。

女性客に人気の店は繁盛する

女性客が多いところは繁盛しているように見えます。

反対に客層が狭いお店は繁盛というカテゴリーからはみ出てしまうと考えていいそうです。
女性はお店がそれなりに整っていなければ来ないそうです。
その整っているというのは、値段と料理のバランスの良さ、お店の雰囲気、接客態度というものだそうです。

 

また、SNSの発達も手伝って、お店の外観や雰囲気にとても敏感になっているそうです。
可愛いお店や渋いお店といろいろなコンセプトが分かりやすい方が人気店になるそうです。インスタ映えというものに気を配ることがお客様を取り込む要因になっているそうですが、一過性の流行りにしないためにも努力が必要なようです。
買い物上手な女性は、美味しくて、値段も手頃で、オリジナルというものを好むと言って良いようです。
SNSでの口コミも広げてくれますし、反対にシビアな目で見ていると言っていいかと思います。

 

売れないお店というのは、女性客を呼び込めていないと言ってもいいそうです。
また、流行や時代に合わせているというのも女性に好まれるところで、トレンドをまったく無視していては流行店にはならないそうです。
また価格もシビアに考えるところがあるかと思います。
飲食店を利用する世代を考えて、そのゾーンに合う価格帯の商品を開発するべきだそうです。
女性はその商品の価格が中心ゾーンというものがはっきりしていれば、価格が高くても買ってくれるそうです。

例えば、パンケーキ2000円であっても、それがそのお店の名物で相場であれば購入してくれるということのようです。
女性をターゲットしたお店は盛り付けの華やかさや雰囲気などに気を配っていると思います。
そういったお店を参考にしてみるのも良いかと思います。

メニューのレシピの重要性

 

飲食店の経営はいろいろな状況が発生するそうです。
初期投資による固定費の高騰、借入金の返済もありますし、納税もあります。流動負債も出てくるかと思います。

これらのことを考えていけば、利益を出すことが出来る、売れる、儲かるメニューの開発が必要だということが判ると思います。

売上だけを見てしまうとわからないこともたくさん出てくると思います。

 

利益を出すということにこだわるとメニューの開発も変わってくるかと思います。
経営の安心・安全とは確実な利益を得られるということだそうです。

その設計図がメニューのレシピとなるそうです。
店の事情によって原価率をどうするかを考えるべきだそうです。

立地が良くて回転率も良ければ、薄利多売でも充分利益が出るということもあるそうです。
固定費が多くかかるお店や借入金返済が多いとなると、荒利益を多く求めないといけないということになるそうです。

 

レシピというのは原材料の中でも主になる材料とそれを活かすための副材料、調味料の量を考えていくものだそうです。

もっとも美味しいというところまで持っていくわけですが、お客様が満足する盛り付けやボリュームを考えなければならないそうです。
お店には異なるそれぞれの理由があるわけですから、それぞれに利益が出るように考え抜かなければならないということです。

 

利益が出ない最大の原因は経費の使いすぎや放漫経営ということも考えられますが、やはり料理のレシピが考え抜かれていないということがあるそうです。
確実な利益を得るためには、それ相応の計算が必要となるかと思います。
それを無視して美味しいものを出せばお客様がたくさんきて経営も潤うというと考えてはいけないそうです。